会社経営しながら生涯現役フットボーラーを目指す一学生のぼやきです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
事実上の決勝戦
2006-04-17 Mon 01:38
俺は事実上の決勝戦という言葉が嫌いだ。
決勝でもないのに、対戦カードだけ見てわーわー騒ぐ。
その対戦カードに含まれるチームのサポーターは気分いいかもしれないが、
トーナメントに残っているその他のチームのサポーターにとっては、
一種の侮辱である。
そして、なおさら燃えてくる。
いずれその試合に勝ったチームとやる機会を得るところまで勝ち進んだら、
事実上の決勝戦とやらに勝利したチームに勝ってやろうと。
そして、事実上の決勝戦だとはやしたてた奴らを見下してやるのさ。
事実上の決勝戦に勝って浮かれた敵サポーターを見下してやるのさ。

事実上の決勝戦とやらに勝っても、真の決勝で勝たなければ全く意味がない。
わざわざ事実上の決勝戦だと騒ぐ必要があるのか?
まぁいいさ、せいぜい勝手に楽しんでくれ。
その勝負に勝って浮かれればいいのさ。油断すればいいのさ。

しばらくの間は、俺のサポートするチームが、
事実上の決勝戦に該当する試合に出ることはないだろう。
そんなドリームチームじゃないから。
もし事実上の決勝戦と呼ばれる試合に出るようなチームになり、
たとえそこで勝っても決して浮かれない。
目の前の試合に一つ一つ勝利していくのみ。
先を見ていたら足元をすくわれるだけ。
俺は目の前の試合に全力を注ぐ。
決して油断しない。
相手に敬意を払い、そして叩きのめす。
叩きのめせば、次を考える時間なんていくらでもある。
まずは次なんだ。
俺は信じている。一緒に戦おう。
スポンサーサイト
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<日常を綴ってみようか | 起業家フットボーラーのぼやき | 名古屋のゴール裏>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 起業家フットボーラーのぼやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。